家を新築して変化した生活習慣

家を新築して変化した生活習慣

小学生の時に、父が家を建て替えました

家を新築して変化した生活習慣
小学生の時に、父が家を建て替えました。
それまでの狭い平屋暮らしから、2階建ての家になりました。

初めて自分の部屋を与えられて、机やベッドも置いてもらいました。
ベッドに寝るのは、人生でも初めての体験で嬉しかったです。
ベッドに慣れるまで何度か床に落ちたこともありました。
そのことは何度も母に笑い話として語られています。自分の部屋ができたので、掃除も自分で行います。小学生でしたが、インテリアが好きで模様替えも楽しんでいました。

新築と同時に祖母と同居するようになり、家事分担も自然と行われて、洗濯は留守を預かる祖母が行い、料理は仕事から帰宅した母がするなどルールが決まりました。
大人も子供も住まいが変わったことで、生活習慣が少し変化しました。
私は自分の部屋で寝るようになり、自室の掃除をして机に向かう時間も増えたように思います。
家を新築して新しい生活習慣が身につき、子供だった自分には自立できるきっかけになったので、良かったと思います。


Copyright(c) 2017 家を新築して変化した生活習慣 All Rights Reserved.