家を新築して変化した生活習慣

家を新築して変化した生活習慣

家を新築に

家を新築して変化した生活習慣
家を新築に、それも希望を詰め込んだ家を建てるともなると、住み心地の良さをいつまでもキープしたい、奇麗な状態を保ちたいという思いが強くなります。
新築の新たな我が家に引っ越してから、そんな思いがこれまでの生活習慣を変える事になりました。
まず、大きく変わったことと言えば、掃除をする頻度が増えたということでしょう。これまで掃除は年末の大掃除ぐらいしかしてこなかった私が、週末の休日に必ず掃除をするようになったのです。
妻が掃除をするパターンを聞き、それでは補いきれない家の箇所を掃除するだけでなく、妻が掃除した箇所であっても、汚れを見つけると掃除してしまうようになりました。

元々新築の家で、更にこまめな掃除できれいにする事は、家での休日を過ごす時間がとても楽しく、とてもリラックスして過ごせるのです。
現在、築3年目を迎えますが、この習慣はすっかり染み付いたようで、今でも新築当時の奇麗さを保っていると、自信を持って言えます。また、家が傷つかないよう気をつけるようにもなりました。
特に、新しく購入した電化製品や家具等を搬入したり、インテリアを変えるために移動したりする時等は、壁や床を傷つけないよう、細心の注意を払うようになったのです。

これまで住んできた家に申し訳ないと思えるほど、今住んでいる家を大切に扱っていること、その為に身に付いた習慣を考えると、本当に人が変わったと思えるほどの違いだと思います。


Copyright(c) 2017 家を新築して変化した生活習慣 All Rights Reserved.