家を新築して変化した生活習慣

家を新築して変化した生活習慣

住む家が変わると毎日の生活も変化します

家を新築して変化した生活習慣
住む家が変わると毎日の生活も変化します。特にマンションから一軒家に変わると、様々なことが変わります。
私の場合は、社宅のマンションから新築の戸建て住宅に引っ越したので、家に対する考えも大きく違ってきました。
社宅マンションでは、広さもそれほど余裕はないし、小さな子供と夫婦が1つの部屋で寝起きし、掃除も時間がかからず、割合いい加減にしていました。

しかし、自分の新しい家となると、常に綺麗にしておきたい気持ちが起こり、掃除も念入りにするようになりました。

また、庭の植木の世話もあるので、早起きの習慣がつくようになりました。
早く起きて午前中には家事を全て終え、自分の時間をゆっくり持てるようになりました。
また、社宅の時にはエコについてあまり意識していなかったのですが、新築にしてからかなり意識するようになりました。
どうしても狭いマンションで払っていた時より、光熱費も高くなりがちです。
ムダな電気をつけないとか、冷蔵庫の開閉など家族にも注意してもらうようになりました。

子供たちは子供部屋が持てるようになったことで、部屋の管理に責任を持たせるなど、家族全員が自分の家を大事に使うようになったと思います。


Copyright(c) 2017 家を新築して変化した生活習慣 All Rights Reserved.